ししもとの読書ノート2.0

自分らしく生きるために知識をつける

天職さがし・やりたいことがわからない

一生心に持ち続けることのできる資産は「記憶」|感想『Hello!! Work』

ミナペルホネンを立ち上げた皆川明氏の仕事に関する考え方を知れる本。

80歳まで働くための三大要素とは? |感想『好きなことしか本気になれない。』

80歳まで働くと考えると、好きで得意なことを伸ばしたほうがいい、というお話。

才能がないように見える人は見つけ方と伸ばし方がわかっていないだけ |感想『才能の正体』

没頭できるものや、これは負けないというものが見つかったなら、それはやり方次第で才能に化ける可能性がある。

「どんな生き方をしたいか」で目標を設定する |感想『お金と時間の悩みが消えてなくなる 最高の時短』

「こんな生き方がしたい」という生き方レベルの「大きなゴール」があってこそ、その下に「(自分の望む生き方をするために)○○がしたい、○○になりたい」という小さなゴールがある

好きなことを育ててビジネスに結びつける時代がやってくる |感想『モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書』

世代間で働くモチベーションにもギャップがあります。若い世代のモチベーションを正しく扱うことはこの世を動かすことでもある。

やりたいことがわからないときに自分にかける3つの質問 |『自分をいかして生きる』

やりたいことがわからない、という方におすすめの本。〈自分の仕事〉とは何か。どのようにして可能なのか。

一流の仕事に感動するのは「あなたは大切な存在だ」というメッセージを感じるから |感想『自分の仕事をつくる』

人は常に「あなたは大切な存在」というメッセージを求めている。一流の仕事を見聞きすると、その仕事ぶりを通して肯定を感じられる。

自分自身を傷つけないような働き方を考えるための本 |感想『自分の仕事をつくる』

「ふつうはこう」という激流に押し流されて会社員になった結果、早々に「しまった……」と後悔した二十代。そのころから私の中で「仕事」は頭を悩ませるものでした。仕事に限らず、世間的によしとされているものは選びやすいですよね。親や親戚も喜ぶし、「世…

天職に近づくにはやりたいことを1日5分でいいからやる |感想『「天職」がわかる心理学』

最初からピッタリくる仕事って、そうそうないのだろうと思います。好きなことを少しずつ続けたり、試行錯誤しているうちに、仕事につながる可能性が出てくるのかもしれません。