ししもとの読書ノート2.0

自分らしく生きるために知識をつける

時間をうまく使いたい

負荷はかけずに「仕組み」を作れ |感想『怠け者の時間術』

ほかの時間術の本と違うのは、一般的に良しとされているやり方を踏襲したり推したりするのではなく、それを自分用に根本から刷新したり、というか、「枠組みを疑う」というような、自分の頭でよく考えよう、というところかなと思いました。

時間がないのは「やらなくてもいいこと」を優先させていたから |感想『TIME HACKS!』

あるはずなのに、時間がない。この原因を考えてみたところ、優先順位をうやむやにしているからだと気づきました。

脳に負担をかけないことが時間をうまく使うカギ |『ゆとりを生み出す脳の使い方 頭のいい人の時間攻略法』

医師であり作家という多忙な著者が、時間を味方につけ、仕事をスムーズに進める方法を脳科学の視点から解説した本。